ポータルサイト

嘔吐・吐き気の症状

発熱

嘔吐や吐き気を伴う疾患

「吐き気がする、胸がむかむかする」などの症状がある方の約7割は消化器の疾患が原因です。
嘔吐・下痢に加えて、発熱・発疹や意識がもうろうとしているような症状がある時は、特に注意が必要です。
嘔吐や吐き気がある場合は、大きな病気が潜んでいる可能性もありますので、消化器以外の疾患かを判断する必要があります。

吐き気・嘔吐の診療は、いつから症状が出ているか、どれくらい続いているか、吐物の量・内容や嘔吐の前に吐き気の有無や食事との因果関係も確認いたします。
また他の症状の有無(頭痛やめまい、発熱、意識障害など)についても消化器疾患か否かの判断をする上で重要となります。
ウイルス感染の有無や細菌検査なども必要となる場合があります。

嘔吐や吐き気の原因

  • 飲みすぎ、食べすぎ
  • ストレス
  • 乗り物酔い
  • 食中毒
  • 妊娠
  • 異物の誤飲
  • それ以外の疾患
  • <その他の疾患>

    • 急性胃炎
    • 急性膵炎
    • 片頭痛
    • メニエール病
    • くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍
    など

    診療時間

    AM
    PM

    AM: 9:00~13:00
    PM:14:30~18:30(診療時間内18:30まで受付可)
    内科は毎週火曜日のみです。