ポータルサイト

整形外科・リウマチ科のご案内

理学療法士によるリハビリが開始いたしました。
経験豊富なセラピストもチームでサポートいたします。

怪我の再発防止・健康で長生きをするためのリハビリ

リハビリ

リハビリテーションとは、re(再び)+habilis(適する)というラテン語が由来で、人間として本来守られる生きる権利をサポートするあらゆる活動のことです。
当院のリハビリは、おひとりお一人の患者様の状態を医療専門職チームが、いろいろな方向からお身体を分析し、セラピストによるストレッチや運動療法、リハビリ機器を用いた物理療法、日常生活動作練習などを組み合わせて心身機能の回復を図っていきます。
お悩みの状況や生活の過ごし方をお伺いした上で、最適な治療プランをご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

セルフエクササイズ

お身体の状態に合わせてストレッチングや筋力トレーニングなどをご指導致します。
当院にある器具を用いて、お身体の状態に合った運動療法を行って頂き、症状の軽減や再発予防を図ります。
そのほか、ご自宅でも出来るセルフエクササイズの指導も行っております。

  • バランスマット

    バランス感覚の向上や、足首・体幹筋肉を強化します。 一見簡単そうに見える片足立ちも、ふわふわとしたバランスマットの上では少々難易度が上がります。
  • ストレッチポール

    関節を正しい位置に誘導し、背骨の並びが整うことで身体が本来あるべき状態に戻ろうとします。
  • セルフエクササイズ

    様々な器具を用いて、お身体の状態に合ったストレッチングや筋力トレーニングなどのセルフエクササイズをご指導致します。

運動器リハビリテーション

『運動器』とは骨・関節・筋肉・神経などの身体を支えたり動かしたりする組織・器官の総称です。 運動器に関する主な症状としては、骨折、変形性関節症、腰痛や頚部痛、肩痛、スポーツ障害などがありますが、それらは仕事や日常生活、スポーツ動作を困難にし、私たちの生活の質を低下させる大きな一因となります。
『運動器リハビリテーション』とは運動器疾患を持つ人々に対して、運動療法・物理療法などを用いて、身体機能や生活・就労上の問題等の改善を図っていくものです。 当院では医師の指示のもと、リハビリテーションの専門職職員が、患者様のお体の評価を行い、個々に適した治療プランを立てて、患者様の生活の質の維持・向上を目指します。

  • その1・評価

    手を上げ下げすることで、肩関節の可動域改善や肩甲骨周囲の筋肉のストレッチング効果などがあります。
  • その2・徒手療法

    評価内容をもとに症状の原因を判別し、その方に最も適した治療手技を選択して行います。 リラクゼーションやストレッチなどを組み合わせた手技を行います。 徒手療法のほか、症状にあわせて電気や超音波を用いた物理療法も行います。
  • その3・セルフトレーニング

    症状の改善・機能維持にはセルフトレーニングも必要です。 また、改善した後に最も重要なのは「再発を予防する」ことです。 お身体に必要な運動や筋力トレーニングを、ご自宅でもできるよう指導致します。

リハビリ機器のご紹介

パワープレート

パワープレート

パワープレートはハードな運動を好まない、カラダを動かすことが難しいご年配の方でも、短時間で、それぞれのコンディションに合わせたトレーニングやリラクセーションが可能です。骨を強くし、脳を刺激し鍛えることにもつながります。

腰椎牽引治療器

腰椎牽引治療器

腰椎に引く力を加えることにより、筋のストレッチを行います。また脊髄での神経の圧迫を和らげることで痛みやシビレを緩和させる治療法です。

頚椎牽引治療器

頚椎牽引治療器

頚椎に引く力を加えることにより、筋のストレッチを行います。また脊髄での神経の圧迫を和らげることで痛みやシビレを緩和させる治療法です。

ウォーターベッド

ウォーターベッド

ウォーターベッドは水圧による優しいマッサージで、血液循環の向上、腰痛や筋肉痛の緩和などに効果があります。

超音波治療器

超音波治療器

超音波骨折治療法は、プローブを患部に固定した状態で出力の弱い超音波を断続的に発振することで、骨折部位に音圧刺激を与え、骨の癒合を促進します。

ホットパック

ホットパック

体を温めて治療する温熱療法です。患部を温めることによって筋肉はやわらぎ、血行を促進させ、痛みの緩和が期待できます。

診療時間

AM
PM

月〜金 9:00~13:00/14:30~18:30(診療時間内18:30まで受付可)
★ 土曜 9:00~13:00/14:00〜16:30(診療時間内16:15まで受付可)
※祝日は休診